art & mystery より

古より悠久の歴史に育まれ受け継がれる、京の伝統技術と現代の感性を融合しながら、ビジネスやカジュアルといった枠にとらわれることなく職人であるが故に究極を追求し、こだわり抜いた自信作をご紹介致します。
可能な限り “ハンドメイド・オンリーワン” にこだわり、希少かつ少数にて製作しております。
手にとっていただいた方々にご満足いただける珠玉の一品になれば幸いです。
 

 

INFORMATION


2016-09-22
お洒落の季節到来!! 
個性あるネクタイでお洒落を楽しみましょう♪
オーダーネクタイのご相談も承ります。
ネクタイに関する事ならどのような事でもお気軽にご連絡下さい。
2014-04-07
Vリーグの某チームより特別依頼のネクタイ製作いたしました!(非売品)
2014-01-吉日
阪神タイガース F選手へのプレゼント用ネクタイ製作いたしました!


art & mystery のネクタイ

【生地】
高級織物として世界的にも名高い、京都西陣や丹後をはじめとする国産生地を中心に、オリジナリティーあふれる組織やデザインなどを含め、特に上質な生地だけを選び抜いています。
【芯地】
今日に至る職人としての経験から、生地本来の良さやクオリティーを最大限に引き出すため、純毛芯をはじめとする多様種の中から、その生地と相性の良い最良の芯地を選択し、締めやすさを実現しています。
【縫製】
ものづくり世界最高水準を誇る日本。アパレルの分野においても、他に追随を許さない高い技術力が世界でも評価されています。中でも縫製技術は世界No.1といっても過言ではありません。
そんな世界で培ってきた技術と経験を存分に生かし、京都の小さな工房にて、『 私自身が心を込め、ひとつひとつ丁寧に仕立て上げております。』

単に流行のみにとらわれることなく、真にいいものを追い求め制作しています。
正真正銘、本物の職人が醸しだす1クラス上のクオリティーを手にとってお確かめ下さい。


    

ネクタイの最高峰 『 セッテピエゲ(セブンフォールド)』

ネクタイの最高級仕様 “セッテピエゲ” settepieghe

イタリア語で『7つ折り』という意味を持つこのネクタイは、20世紀初頭の英国でスカーフを折り重ねて結んでいたところに起源があり、通常の2倍もの生地を贅沢に用い、芯地を使用せず、一枚の生地を7回にわたり折り返し縫い上げていくという、職人にとっては、熟練された高度な技術と手間を強いられる縫製方法です。

英語では「セブンフォールド」とも言われ、かつては主流であったこの製法も、現在ではとても稀有なものとなり、ファッションの本場イタリアにおいても、この製法における優れた技術を持つ職人は数少ないと言われています。




特徴としては、ネクタイを結んだ時の締めつけや窮屈感がなく、ノット部分にボリュームが出て、ふんわり柔らかく綺麗なディンプルを作ることができ、胸元(Vゾーン)を立体的でエレガントに演出するのに最適です。




こちらでは、稀有な本来の一枚仕立てのもの(正真正銘のセッテピエゲ)と、裏地に共生地をあしらい芯地を使用した、現在セッテピエゲと呼ばれている最もオーソドックスなもの(実際は6つ折り)の2種類を仕立て上げご紹介いたします。

どうぞ、私、日本の職人が仕立て上げた、最高級仕様の極みを手に取ってお楽しみください。


     

制作者プロフィール

 五十嵐 昇龍 ( いがらし のぼる )

ネクタイ工芸家。 1964年 京都市出身。
有名デザイナー海外コレクション出展作品をはじめDC ・PB商品の多くを手掛ける。
また、現在では各分野で活躍する作家とのコラボレーションや大手百貨店オーダー商品などの製作にもあたる。
予てより、品質向上より利益優先主義に翻弄され生産者使い 捨ての業界体質に疑問を抱きオリジナルブランド art & mystery を設立。
真に価値ある製品への追求と、己の技術向上を目指し日々精進している。

inserted by FC2 system